精力が衰えたと感じたらそれはED(勃起不全)です

核酸の欠乏が勃起不全を起こす

核酸の欠乏が勃起不全を起こす

核酸とは、スイスの科学者が発見したもので、すべての同省駈物の細胞に含まれていることがわかりました。この核酸がタンパク質の合成にはとても重要な役割を果たすことがわかっています。
年齢を重ねてくると、この核酸の数が減少することがわかっています。そうなると、タンパク質の合成機能が弱まり、体の様々な機能が衰えてしまいます。その症状として勃起不全も含まれているのです。

 

良質なタンパク質は精力を増強させる働きがあります。有名なところではすっぽんやマムシに多く含まれています。これらのものは昔から精力を増強させる食べ物と認識されています。

 

しかし、どんなに良いたんぱく質を体内に摂取しても核酸がきちんと働いていなければ、良質のアミノ酸を合成することはできません。

 

核酸は、体の新陳代謝の旅に消滅して合成されているのです。しかし、核酸が消費されたままでは、新しい細胞も生まれなくなってしまうのです。核酸は肝臓の働きによって合成されることがわかっていますが、この肝臓も年齢とともに働きが弱くなってしまいます。したがって中高年に差し掛かれば差し掛かる帆で、食品などで核酸補給を心がけないといけないのです。

 

精力的な体を維持するためには核酸は食物から摂取しなければならない、非常に重要な成分なのです。